T氏邸

住宅建築 55, pp.90-, 1979.11
岡田信一郎設計、旧村井邸

始めての保存との関わり
旧村井銀行頭取の親族の家であったもの。村井銀行は安藤記念教会の設計でもで知られる吉武長一の設計のものが多いが、この住宅は明治生命で知られる岡田信一郎の設計(大正13年建設)。 正面のベランダの開口部についていた鉄格子を玄関に使用。
この改修された建物も数年前に建て替えられてしまった



駒沢の家

住宅建築 55, pp.158-163, 1996.4
「時の流れの中の建築」
  <
木造住宅をほとんど骨組みだけにばらして改修
プランは当初のものと全く変わった。吹抜けも改修時につくる。



W氏邸

住宅建築 pp.162-167,1996.2
 
撮影:小川泰祐
母屋:式台を持つ本玄関部分は明治になった付け加えられたもの。
本玄関よりも少し右側の方に右の写真の内玄関がある。
内玄関内部。奥に増築建物への通路が見える。